精力剤販売
現在の位置: ホーム> 情報 > 健康 > ひどく暑い夏に、“苦しみ” は養生の非常によい方法 ではない

ひどく暑い夏に、“苦しみ” は養生の非常によい方法 ではない

2010-08-04

“夏‘苦しみ’を食べます”は民間、すでに長い言い方に広く伝わるので、主に夏季苦しみに耐

えて養生の目的を達成します。しかし専門家はこのような言い方は認められません。北京

の漢方医薬大学の鍼灸の学院の助教授の程凱は、苦味のとても盛んな心、夏季のいらだち

は盛んで、と指摘しています。

この季節もしあまりに多く苦味の食品を食べるならば、気持ちは更に落ち着かなくなりや

すいです。
その上、苦味の食品を食べすぎて、胃の調子が悪くなることが引き起こすことができ、嘔

吐、あるいは腹下などの副作用が現われることにご注意ください。

程凱は、「自然界の中で夏は火のように熱いことで、そのため人体の心が夏季に最も盛ん

で、機能は最も強くて、これでどうして常に夏季のいらだちが盛んだことを容易に理解で

きると指摘しています。

いらだちはあまりに盛んで、疲労を感じます、いらだたしい易怒、口吹き出物ができます

、口が苦しみをします、重い者が息苦しくて、息が続かないで、おびえて、慌てて、眠れ

ないで、甚だしきに至ってはくら、頭痛、耳鳴りを誘発することもできます。

苦味の食品の中に含んだアルカロイドは暑気を下げて、血液循環を促進し、血管を弛緩す

るなどの薬理の作用を持ちます。

同時の苦味舌の上の味覚芽刺激を通じて、唾液の分泌を増進して、胃液の刺激と胆汁の分

泌、それによって食欲を増進して、消化を促進します。

夏季の温度の高い、湿気の重さ、適切にいくらかの苦味の食品を食べて、食欲を増進する

ことができて、内臓を強くする効果があります。

相互リンク: 媚薬 |  精力剤 | 
ホーム   |   情報   |   ラベル   |   新規登録   |   会員入り口   |   ヘルプページ   |   サイトマップ   |   RSS   |  
中国漢方会社 Copyright © 2006-2020 精力剤販売 All Rights Reserved
安心・信頼・秘密厳守・スピード全て最高のサービスクオリティーでお客様のご来店をお待ちしております。