精力剤販売
現在の位置: ホーム> 情報 > 番新情報 > 「本当に幸せだった」楽天・久保が引退会見 巨人、DeNAでもプレーの松坂世代

「本当に幸せだった」楽天・久保が引退会見 巨人、DeNAでもプレーの松坂世代

2021-04-05

 プロ野球・楽天は7日、久保裕也投手(40)の今季限りでの現役引退を発表した。1980年生まれの「松坂世代」の一人。仙台市の楽天生命パーク宮城で記者会見した久保は、戦力外や手術を乗り越えたプロでの18年間を「思いっきり野球を楽しめた。本当に幸せだった」と笑顔で振り返った。同学年のチームメート、渡辺直人も引退を発表。残り2人となる松坂世代の松坂(西武)と和田(ソフトバンク)へ「1年でも長く納得するまでやってほしい。いつか、やめる時にはお疲れ様と言ってあげたい」と思いを託した。  久保は今季初登板だった7月30日に勝利投手となり、中継ぎで5試合に投げて1勝0敗、防御率13・50。8月15日に登録を抹消された後は1軍登板はなく、「力の衰えを感じた」と球団に引退の意思を伝えた。通算成績は506試合で54勝37敗37セーブ、防御率3・45。  福岡・沖学園高、東海大を経て2002年秋のドラフト・自由枠で巨人に入団。「プロに入った時は練習が嫌で、毎日いかに楽をするかを考えていた。その結果、内海(現西武)や山口(元巨人)とか、かわいがっていた後輩に一瞬で置いて行かれた」という。意識が変わったのは10年。ユーティリティープレーヤーとして活躍し、当時コーチだった木村拓也さんの急死がきっかけだった。「モヤモヤしたものが吹っ切れた瞬間。便利屋の生き方、何でもできることの強さを教えてくれた」と涙ながらに語った。16年はDeNA、17年から楽天でプレーし、昨季は通算500登板を達成。「(木村さんに)やりきったと胸を張って今なら言える」と語った。【生野貴紀】

相互リンク: 媚薬 |  精力剤 | 
ホーム   |   情報   |   ラベル   |   新規登録   |   会員入り口   |   ヘルプページ   |   サイトマップ   |   RSS   |  
中国漢方会社 Copyright © 2006-2021 精力剤販売 All Rights Reserved
安心・信頼・秘密厳守・スピード全て最高のサービスクオリティーでお客様のご来店をお待ちしております。