精力剤販売
現在の位置: ホーム> 情報 > 番新情報 > 【菊花賞】アリストテレス首差2着 ルメール「この馬のフルパワーを使えた。負けたけどうれしい。コントレイルは強い」

【菊花賞】アリストテレス首差2着 ルメール「この馬のフルパワーを使えた。負けたけどうれしい。コントレイルは強い」

2021-02-24

 ◆第81回菊花賞・G1(10月25日、京都・芝3000メートル、良)  3冠の最終関門は3歳牡馬18頭によって争われ、福永祐一騎手が騎乗し、圧倒的な1番人気に推されたコントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝。皐月賞、日本ダービーに続いて勝利を挙げ、デビューから7連勝で、シンボリルドルフ(1984年)、父ディープインパクト(2005年)に続く、史上3頭目の無敗での3冠達成を果たした。勝ち時計は3分5秒5。2着は4番人気のアリストテレス(クリストフ・ルメール騎手)、3着は5番人気のサトノフラッグ(戸崎圭太騎手)が入った。 【データで見る】アリストテレスの血統、戦績  3冠馬はセントライト(1941年)、シンザン(1964年)、ミスターシービー(1983年)、シンボリルドルフ、ナリタブライアン(1994年)、ディープインパクト、オルフェーヴル(2011年)に続く8頭目。先週の秋華賞では、デアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が6頭目の牝馬3冠を史上初の無敗で達成しており、同一年で牡馬、牝馬で3冠が達成されるのは初めて。  クリストフ・ルメール騎手(アリストテレス=2着)「とてもうれしい。すごくいい競馬。スタートしてからいいポジションが取れて、コントレイルの外でずっといいリズムでマークできた。直線は2頭でのファイトになり、ラスト150メートルはこの馬のフルパワーを使えた。負けたけどうれしい。コントレイルは強い。おめでとう」

報知新聞社

相互リンク: 媚薬 |  精力剤 | 
ホーム   |   情報   |   ラベル   |   新規登録   |   会員入り口   |   ヘルプページ   |   サイトマップ   |   RSS   |  
中国漢方会社 Copyright © 2006-2021 精力剤販売 All Rights Reserved
安心・信頼・秘密厳守・スピード全て最高のサービスクオリティーでお客様のご来店をお待ちしております。