精力剤販売
現在の位置: ホーム> 情報 > 番新情報 > 池江璃花子は4位 競泳インカレ50メートル自由形決勝 優勝は東洋大・今井

池江璃花子は4位 競泳インカレ50メートル自由形決勝 優勝は東洋大・今井

2020-11-29

 競泳の日本学生選手権(インカレ)が1日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、白血病で長期療養していた日大2年の池江璃花子(20)=ルネサンス=が女子50メートル自由形に出場した。予選を25秒87で突破し、決勝は25秒62で4位だった。池江の親友で、東洋大2年の今井月(20)が24秒93の大会新記録で優勝した。 【写真特集】池江1年7カ月ぶり実戦 50自、26秒32  池江は復帰2戦目で、12月に開かれる日本選手権の女子50メートル自由形標準記録(25秒94)を突破。1年7カ月ぶりの実戦復帰を果たした8月の東京都特別水泳大会の記録(26秒32)より0・5秒以上縮めてみせた。レース後、池江は「インカレを目標として頑張ってきたので、感慨深かった」と話した。  昨年9月のインカレでは、池江は一時退院し、3日連続で会場に駆けつけて声援を送った。「出られず本当に悔しかったので、必ずリベンジします」。予選からその言葉通りの泳ぎをみせた。  予選のスタート台に立つ前、池江は水着の左胸に印字された校章に手を当てて精神を統一させた。組3位でフィニッシュし電光掲示板に映し出されたタイムを確認すると、プールサイドでは感極まったような表情を見せた。全体6位で決勝進出が決まると、リラックスした様子でサブプールで調整し、約2時間後のレースに備えた。  池江は昨年2月、急性リンパ性白血病と診断され、闘病生活に入った。造血幹細胞移植を経て、昨年12月に退院。今年3月にプールでの練習を再開し、インカレへの出場を短期目標に掲げていた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、インカレは無観客で開催されている。  関係者によると、年内の出場レースはインカレが最後の予定だった。標準記録を突破したことで、12月開催の日本選手権への出場も視野に入ってくるという。【倉沢仁志】

相互リンク: 媚薬 |  精力剤 | 
ホーム   |   情報   |   ラベル   |   新規登録   |   会員入り口   |   ヘルプページ   |   サイトマップ   |   RSS   |  
中国漢方会社 Copyright © 2006-2021 精力剤販売 All Rights Reserved
安心・信頼・秘密厳守・スピード全て最高のサービスクオリティーでお客様のご来店をお待ちしております。