精力剤販売
現在の位置: ホーム> 情報 > 番新情報 > 田澤ルール撤廃でドラフト戦略は大きく変わる!?田澤だけではなく、吉川峻平も指名可能に

田澤ルール撤廃でドラフト戦略は大きく変わる!?田澤だけではなく、吉川峻平も指名可能に

2020-10-19

NPB(日本野球機構)は7日、「田澤ルール」の撤廃を決めた。  2008年、田澤純一(新日本石油ENEOS)がドラフト指名を受けず、MLB入りし、設けられたこのルール。野球協約には掲載されていないが、NPB入り拒否の意思を示した上で海外球団と契約した際は、高卒なら3年間、大卒と社会人選手なら2年間はNPB球団と契約できないルールとなっていた。 【動画】ドラフト候補期待度ランキングベスト20!1位に選ばれたのはあの選手!  このルールが撤廃されたことで、10月26日に行われるドラフトで田澤の指名は可能となる。今年、田澤はBC武蔵に入団。ここまで7試合を投げて、1勝0敗、防御率3.86と力投を見せている。田澤はMLBで388試合に登板実績がある投手である。一番の即戦力投手として大人気となるだろう。  また吉川 峻平(ダイヤモンドバックス)もNPBへ進む意思があるのならば指名可能となる。  この田澤ルール撤廃で各球団の戦略は大きく変わるだろう。これまでドラフトといえば、高校、大学、社会人、独立の選手が指名候補に上がる。しかし今回は田澤か、アマチュア選手のどちらかの選択肢が出てくるのだ。  2020年のドラフトは特別な1年になることは間違いない。

相互リンク: 媚薬 |  精力剤 | 
ホーム   |   情報   |   ラベル   |   新規登録   |   会員入り口   |   ヘルプページ   |   サイトマップ   |   RSS   |  
中国漢方会社 Copyright © 2006-2020 精力剤販売 All Rights Reserved
安心・信頼・秘密厳守・スピード全て最高のサービスクオリティーでお客様のご来店をお待ちしております。