ログイン
健康,皮膚
携帯用QRコード
漢方薬局
所在地:中国-上海      输入代行者:hikanpou.com    E-Mail:
     皮膚病の範囲は非常に膨大であり、ここでは、皮膚炎(アトピーを含む)、湿疹、じんま疹、掌蹠膿疱症、水疱症、角化症、乾癬、頑癬、カンジダ性皮膚炎等を中心に
漢方薬局   hikanpou.com   健康,皮膚  
2008-02-02

     皮膚病の範囲は非常に膨大であり、ここでは、皮膚炎(アトピーを含む)、湿疹、じんま疹、掌蹠膿疱症、水疱症、角化症、乾癬、頑癬、カンジダ性皮膚炎等を中心に説明致します。西洋医学の立場から
   皮膚病の発生は皮膚がその正常な機能、対外保護作用、体内保護作用、分泌排泄作用、知覚作用、吸収作用、呼吸作用、角生作用などの失調を来すことによって起る。
 とくに外からのいろいろな刺戟に対する対内保護作用に重要なのは皮膚表面のあぶらの膜である。これは皮脂腺のあぶらと汗腺からの汗より成り、皮膚の表面はこのために滑らかであり、潤いが保てる。皮膚がザラザラして荒れるのはこのあぶらの少ないためである。
  また皮膚はアレルギーと関係のある抗体をつくる対内保護作用があり、このために接触性皮膚炎、じんま疹、中毒疹などいろいろなアレルギー性の病気も発生しやすい。
 
皮膚には体温調節作用がある。これは体内の熱を発散したり保温したりして、体温を一定の範囲内に保つ働きで、汗腺がその一役をになっている。汗腺は皮脂腺とともに皮膚の表面にそれぞれ汗と皮脂を分泌している。これによって老廃物を排泄し、表面に脂肪膜をつくり、外部からの刺戟に対してからだを保護し、体温の調節を行っている。この働きを分泌排泄作用というが、皮膚疾患はこれ等の作用の減退や亢進により、また排泄内容の異常によって発生する。
 以上が現代医学による皮膚病発生のメカニズム(アウトラインの方がよいのか)であるが、個々の皮膚疾患に対してはその発病の原因がわからないものも多く、また原因がわかっても、細菌性のもの以外はそれを根本的に治療する方法はなく、対症療法としての副腎皮質ホルモンの外用と抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、そして補助的にビタミン剤、肝庇護剤が用いられる程度の治療法しかないことは衆知(周知)の事実である。


漢方では
 皮膚は内臓の鏡といわれるように、どんな、皮膚病でも内臓の働きの過亢進によって、また機能が衰退しても、内臓相互のバランスがくずれても、五臓の陰陽の不足によっても、その反応が皮膚に現れる、と言う考えのもとに、内臓の過不足と異状を調整することによって、皮膚病を根本的に治癒するのである。
皮膚病が現れる原因を次の3つに分けることができるが、一つの原因だけで、発症することは少なく、二つ、三つの原因が重って発症することが多い。

(1)  外因:風・寒・湿・暑・火・燥を六淫の邪と表現しているが、寒過ぎる冬、暖冬、暑過ぎる夏、冷夏、梅雨など気候の変化に、皮膚が対応できなくても、皮膚病が発生する。
(2)内因:内傷七情といって、人間の感情には次に述べる七つの感情があって、それが内臓を傷つけて、その働きに異状が現れ、それが皮膚に反映する。

七情
五臓 肝火 肝血虚 心火 心血虚 脾気虚 腎虚

(3不内外因:親から受け継いだ生れつきの体質、D.N.Aの優劣と言えるかも知れないが、漢方では、脾肺両虚、腎虚という体質が基本にあり、次に述べる食生活のアンバランスがその体質をより決定的なものにしている。飲食不節といって、酒を過飲すれば、火を生じ、陰液(血、津液)を消灼し、茶水を過飲すれば、則ち湿を生じ、飲が停滞し、五辛を過食すれば、気血を損じ、飢えて飽を失すれば、脾胃を傷る。膏梁厚味(酒、肉、刺戟物)を恣に食すれば、栄衛(血中を流れる気、体表を流れる気)従わずして、火毒が内に生じ、淡白な味の野菜のようなものばかり、食べていれば、人の胃気は不足して、気血は虚して来る。これが不内外因である。
v

相互リンク
 [ インモラル ]   [ 淫インモラル ]   [ 妖姫 ]   [ 巨人倍増 ]   [ 媚薬 ]   [ 精力剤 ]   [ RU486 ]   [ 三体牛鞭 ]   [ 三體牛鞭 ]   [ 絶對高潮 ]   [ 花痴 ]   [ 韓国痩身1号 ]   [ 韓国痩身一号 ]   [ 痩身1号 ]   [ 三便宝 ]   [ 紅蜘蛛 ]   [ 威哥王 ]   [ D10 媚薬 ] 
当ページは漢方精力剤,媚薬,中絶薬,ダイエット薬です
Copyright(c) 2002-2013 HIKANPOU.COM ALL Rights Reserved.
精力剤通販の精力剤と女性媚薬とダイエットと避妊薬(ピル)と漢方治療薬の通販サイト!