ログイン
免疫
携帯用QRコード
漢方薬局
所在地:中国-上海      输入代行者:hikanpou.com    E-Mail:
がん治療の現状と限界      現在、がんに対しては外科治療(手術)、化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法が三大治療法として行なわれています。もちろん、これでが
漢方薬局   hikanpou.com   免疫  
2008-01-26

がん治療の現状と限界

     現在、がんに対しては外科治療(手術)、化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法が三大治療法として行なわれています。もちろん、これでがんのすべてを治せるというわけでなく、進行したがんの多くはこれらの治療に抵抗性です。一つ一つの治療法の特徴を生かしてこれらの治療法を選択し、組み合わせていくことが必要になります。

免疫細胞治療とは

   これらの治療法の限界を補填する治療法として現在、免疫細胞治療が注目されています。免疫細胞治療とは、身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やしたり、機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行なわれる治療で、副作用のほとんどない先進的ながん治療法です。健康食品による免疫療法、精神的サポートによる免疫療法(イメージ療法)、あるいは各種サイトカイン等を用いた免疫療法とは異なる治療法です

がん細胞と免疫担当細胞

   私たちの体の中では常にがん細胞が発生していると考えられています。しかし身体には発生したがん細胞を押さえ込もうとする力が自然に備わっています。がん細胞を押さえ込み、実際のがんという病気にまで進展するのを防いでいるのが身体の抵抗力であり、その抵抗力の中心になっているのが免疫の力です。
身体に侵入してきた異物に対する防御を行なっているのはリンパ球や貧食能を有する多型核白血球、またマクロファージなどの細胞であり、体の中に生じた異常な細胞(ウイルスに感染した細胞やがん細胞)を排除しようとする役割を分担しているのがT細胞やNK細胞と言われるリンパ球です。

免疫細胞治療「活性化自己リンパ球療法」の3つの利点

1. 体内で活性化を十分に行なおうとして大量の薬剤を使えば薬剤による副作用があります。しかし、体の外で培養しながら活性化を行なうことにより、副作用を考えず十分に活性化できます。

2.  がん細胞には免疫系細胞の活性化を抑える力があります。そこで、がん細胞の影響を受けない体外に取り出すことにより免疫細胞を十分に活性化できます。

3. 培養中の刺激の方法によって、望ましい種類のリンパ球を莫大な数まで増殖させて使用できます。

 

相互リンク
 [ インモラル ]   [ 淫インモラル ]   [ 妖姫 ]   [ 巨人倍増 ]   [ 媚薬 ]   [ 精力剤 ]   [ RU486 ]   [ 三体牛鞭 ]   [ 三體牛鞭 ]   [ 絶對高潮 ]   [ 花痴 ]   [ 韓国痩身1号 ]   [ 韓国痩身一号 ]   [ 痩身1号 ]   [ 三便宝 ]   [ 紅蜘蛛 ]   [ 威哥王 ]   [ D10 媚薬 ] 
当ページは漢方精力剤,媚薬,中絶薬,ダイエット薬です
Copyright(c) 2002-2013 HIKANPOU.COM ALL Rights Reserved.
精力剤通販の精力剤と女性媚薬とダイエットと避妊薬(ピル)と漢方治療薬の通販サイト!